日本データパシフィック株式会社

日本データパシフィック株式会社

〒186-0002 東京都国立市東1ー4ー15国立KTビル
Tel.042-573-6721 Fax.042-573-6728

タイプ練習ソフト TYPEQUICK

日本データパシフィック株式会社 > TYPEQUICK TOP > 導入事例 > 大学導入事例 4

導入事例

大学導入事例 4

「TYPEQUICKニュース July-2011発行」取材記事より

北星学園大学

  • Interviewee:経済学部 金子 大輔 先生
  • 使用商品タイプ:Professional 学校サイトライセンス
  • 選択されたコース:ローマ字コース 

北星学園大学は、1994年(MS-DOS版)からご利用いたただいており、今年は、学校サイトライセンスネットワーク版を200台導入していただきました。経済学部 金子大輔先生にお話を伺いました。

北星学園大学では全新入生(約1000人)を対象とした必修科目、「情報入門」を前期に開講しています。当科目では、パソコンの操作に習熟するだけではなく、情報倫理・モラル等の知識や、情報を扱う際の作法(マナー)を身につけることも目指しています。

操作の技能・知識に関しては、何となくできるという学生や完全にマスターしている学生など様々です。ただその中でも「速く正しく打つタッチタイプの技能」は、今後の大学生活においてきわめて重要なスキルであると考えています。そのため本科目では、確実にタッチタイピングをマスターさせることも目標にしています。

細かい点は担当する教員によって異なりますが、私の場合、すでにタッチタイピングを習得している学生以外には、タイプクイックを使った学習を課題としています。継続的な学習を実現するために細かく締め切りを設定するなどしますが、授業開始から1か月程度でレッスン10まで学習できるように考慮しています。課題の提出が成績に直接かかわるので、学生は真剣にタイプクイックに取り組んでいます。

来年度からは、ただ学習を進めるだけではなく、学習の際のスピードや正確率などの目標値も定めて、さらに学生のモチベーションを上げたいと考えています。

TOP