日本データパシフィック株式会社

日本データパシフィック株式会社

〒186-0002 東京都国立市東1ー4ー15国立KTビル
Tel.042-573-6721 Fax.042-573-6728

e-Learningコンテンツ U-Assist

日本データパシフィック株式会社 > U-Assist コンテンツの特徴 > 導入事例 > INFOSS情報倫理 導入事例 1

導入事例

INFOSS情報倫理 導入事例 1

岐阜大学 様

  • 「INFOSS情報倫理」を活用した情報モラル教育

岐阜大学では、新入生に対する情報活用とモラルの指導として、「INFOSS情報倫理」を活用いただいております。その指導内容および活用法についてご紹介いたします。

1)はじめに

大学における教育環境として整備される情報システムは、授業等で日常的に利用され普及するに伴って、その活用基礎指導とともにモラルに関る指導が課題となっています。
 岐阜大学では、平成18年度より全新入生に対する「情報活用とモラル」の指導を新入生ガイダンスとして5学部1,346人に実施しておられます。指導形態は、ガイダンス時間における対面指導とそこで提示された課題に対する自学習をe-Learningにより実施し、結果、期間中のアクセス総計は、約94,000であり、課題達成率は、90.0%でした。

2)ガイダンスの位置づけと指導

「情報活用とモラル」の指導は、図1に示すように教養教育、各学部の基礎、専門科目の前提となり、岐阜大学の情報教育システム利用のための基礎的能力と情報モラル基礎の養成を目的としています。指導担当は、情報セキュリティ最高責任者、図書館、および総合情報メディアセンターの計14名です。


(図1 ガイダンスと情報活用指導体制)

3)自学習による情報倫理の指導

自学習の情報倫理のための教材は、日本データパシフィック社製「INFOSS情報倫理」を用いています。標準学習時間は約4時間であり、自学習と5回の修了確認テストでの90点以上の達成を課してます。学習期間は、5月1日から31日までの一ヶ月とし、標準的な学習計画を図2の様に提示しました。これらの学習計画の提示、教材利用、修了テスト、成績確認等は全て岐阜大学のe-LearningシステムであるAIMS-Gifuのみで実施しました。
課題テストについては、開始可能日を一日ずつずらして5回の利用を可能としました。

■概要
情報倫理オンライン学習教材「情報倫理の学習」を活用して、ネットワーク社会に必要な情報倫理について学習します。
集中すれば、約4時間の学習コースです。
また、学習成果を確認するために修了テスト5回を受けます。

■学習内容
学習内容(目次)は、以下のようです。
第1章 ネットワーク社会      
第2章 ユーザ認証とアカウント
第3章 情報受発信
第4章 セキュリティと個人情報保護
第5章 ネットワーク社会と生活
第6章 ネットワーク社会の問題とトラブル
第7章 ネットワーク社会を取り巻く法律
その他に、以下を利用していただきます。
・ケーススタディ / ・新聞記事集 / ・用語集 / ・修了テスト

■学習計画
●5月1日(月)~14日(日)
 コース文書の「情報倫理の学習教材へ」進み、全ての学習を完了します。
●5月15日(月)~19日(金)
 以下のように5回の修了テストを開始します。
 日付は、テスト開始可能日ですので、その日以降の適当な日に
 テストを受けます。
  ・5月14日(月) 情報倫理の修了テスト1
  ・5月15日(火) 情報倫理の修了テスト2
  ・5月16日(水) 情報倫理の修了テスト3
  ・5月17日(木) 情報倫理の修了テスト4
  ・5月19日(金) 情報倫理の修了テスト5
●5月20日(土)~31日(水)
 修了テストの1つ以上に90点未満がある場合は、関連する学習を「情報倫理
 の学習教材」で確認し、再度、該当の修了テストを受けます。
 全ての修了テストで90点以上となったら学習は完了です。
 5月31日までに学習を完了できるように計画的に学習を進めなさい。

(図2 標準的な学習計画の指示内容等)

4)自学習のアクセス状況

AIMS-Gifuの総アクセス数は、94,691件でコミュニケーションエリア(アナウンス、掲示板等)10.6%、メインコンテンツエリア(教材、学習課題等)65.0%、受講者エリア(成績確認等)24.3%でした。受講者総数は、指導・モニタ教員等を含めて1,463人であることから一人当たりは64.7件のアクセスです。修了テスト最終回の5月19日までのアクセス数は、総アクセス数の69.1%であり、多くの学生が標準的に提示した学習計画に沿って自学習を進めたものと推測されます。

5)結果

情報活用とモラルの全新入生に対するガイダンスを対面指導の半日、e-Learning自学習期間1ヶ月で実施しました。自学習の課題達成率は90.0%であり有効な指導法となることが示唆されました。自学習時の質問は学習の進め方等に関するものが数件に留まり、主に一人の教員での対応で可能でした。今後、対面指導内容のe-Learning教材化を進めるとともに、学習方法に対する意識調査などを行い、指導改善を進める計画です。

TOP