日本データパシフィック株式会社

日本データパシフィック株式会社

〒186-0002 東京都国立市東1ー4ー15国立KTビル
Tel.042-573-6721 Fax.042-573-6728

e-Learningシステム WebClass

日本データパシフィック株式会社 > WebClass TOP > 活用事例 > 大分大学医学部看護学科様

活用事例 ※五十音順

大分大学医学部看護学科様

『WebClass活用事例 大分大学医学部看護学科様』より

大分大学 医学部 看護学科 様

  • WebClass活用事例 - 全科目をWebClassに登録 -

大分大学では、2008年度よりWebClassの全学導入がスタートしました。
医学部 看護学科 杉田教授に、学科内のWebClass活用についてお話をお伺いしました。

1)概要

看護学科では、e-Learning活用を推進するため2008年度より、原則として全科目(数十科目)をコース登録し、最低、シラバスは掲載する方針を徹底しています。一部の先生が使っているレベルでは、学生も毎日WebClassを起動せず、e-Learningの活用が広まらないと判断されました。
上記の結果、WebClassを利用する教員・学生の数は、以前よりずっと増えています。
各科目のユーザ登録は、春の開講後2週間はコースをオープンの状態にして、学生が自分でユーザ登録をできるようにしています。この方式を採用することにより、コース管理者の負荷が軽くなっています。

2)利用目的

現在、シラバスは多くの科目でWebClass上に掲載されています。
もちろん、シラバス以外にも、授業の資料提示や、卒業前の自己評価アンケート・レポート(様々な看護分野のスキルや知識をどの程度身につけているかをチェックするもの)など、さまざまな目的に活用されています。

時間割

3)杉田先生の利用目的(専門:保健学、保健統計学)

看護学科の杉田先生は、主に下記の目的にWebClassをご利用いただいています。

①保健学の教材提示

学生は、病気などで授業を休んでもあとで何をやったかわかるので、大変評判が良い、とのことです。

保健学教材

②大学院のゼミでの課題提出や討論(掲示板)

掲示板機能が大変役立っています。大学院生は社会人が多く、仕事で夜の授業に出れなくなる場合も多いため、全員が集まって討論することが困難です。WebClassの掲示板機能を使って討論ができるため、社会人学生を対象とした教育には、利用価値が高いようです。また、今年のバージョンから会議室での発言がテーマ別に表示できるようになった点についても、大変便利になったと好評です。

会議室

4)今後のご要望等に関して

WebClassの将来の改善に関しては、解説と同様に会議室に関しても、閲覧実績や発言回数などの履歴がとれることや、教材の変更などがあった場合、時間割上にNEWなどのマーク表示がされるなどの機能をつけるべきとのご提案をいただきました。

TOP