日本データパシフィック株式会社

日本データパシフィック株式会社

〒186-0002 東京都国立市東1ー4ー15国立KTビル
Tel.042-573-6721 Fax.042-573-6728

e-Learningシステム WebClass

日本データパシフィック株式会社 > WebClass TOP > ワークショップ > 2010年度(1)開催

2010年度(1)開催

WebClass eラーニングワークショップ 兼 東京学芸大学eラーニングセミナー
-教育の質向上のためのeラーニング活用-

2010年度(1)開催
開催概要 発表内容

発表内容

  • 森先生 1) 金沢大学 総合メディア基盤センター 情報教育部門
     森祥寛先生
     「アカンサスポータルとWebClass‐金沢大学におけるICTの活用」

金沢大学におけるアカンサスポータルの開発経緯とLMSを選択した経緯の詳しい説明があり、年度毎の改善ポイントと利用環境を拡充するための具体的方策をご提示いただき ました。総合大学ではICT教育を推進するために組織的な支援教育が不可欠であり、その活動の詳細を報告いただきました。

  • 栗田先生2)城西大学 経営学部
     栗田るみ子先生
     「WebClassを利用した三位一体型学習支援プログラムの紹介」

経営学部におけるWebClass導入から全学活用への展開、さらに学習カルテ機能を利用したキャリア教育支援への発展を詳しく説明いただきました。教員、事務職員のWebClassを利用した組織的な連携支援を強化することで各学生の就職支援が徹底されよりきめ細やかな進路指導がなされていることがよくわかりました。
また、更なる就職支援の充実のための新システムの開発と導入について説明されました。

  • 喜久川先生3)富士常葉大学 社会環境学部
     喜久川功先生
     「キャリア支援における学生カルテ・ポートフォリオの活用」

学生の「質の保証」の確保を目指した、1、2年次の教養セミナーおよび3、4年次のゼミで実践されている教育支援プログラムについて説明いただきました。学生の個性や資質を重視した教員によるマンツーマン指導により、授業、研究、キャリア開発などより徹底した教育支援を毎年繰り返しています。また学生カルテ・ポートフォリオを利用したキャリアデザインシステムについて説明されました。

  • 森本先生4)東京学芸大学 情報処理センター
     森本康彦先生
     「eポートフォリオを用いた正課授業でのWebClassの活用」

e ポートフォリオの概念や要件をわかり易く説明していただきました。紙ベースのポートフォリオとeポートフォリオにはそれぞれメリット、デメリットがあり、なぜ、いまeポートフォリオが注目されているのか参加者の皆様もその説明に納得されていました。また授業でのeポートフォリオ活用の事例を紹介いただき、 eポートフォリオ各機能とその効果的な利用方法、学習と評価方法など、より実践的な報告をいただきました。

  • 栗林様5)リアル・イングリッシュ・ブロードバンド株式会社
     栗林克樹様
     「eラーニングスピーキングコース-Let`s Talk Onlineデモンストレーション-」

「eラーニングスピーキングコース」のデモンストレーションをしていただきました。 製品の詳細は、リアル・イングリッシュ・ブロードバンド株式会社様のホームページをご覧ください。

TOP