日本データパシフィック株式会社

日本データパシフィック株式会社

〒186-0002 東京都国立市東1ー4ー15国立KTビル
Tel.042-573-6721 Fax.042-573-6728

e-Learningシステム WebClass

日本データパシフィック株式会社 > WebClass TOP > ワークショップ > 2010年度(2)開催

2010年度(2)開催

WebClass高専eラーニングワークショップ
-WebClassの活用事例報告-

2010年度(2)開催
開催概要 発表内容

発表内容

  • 小松先生1)熊本高等専門学校 人間情報システム工学科
     小松一男先生生
     「電子カルテシステムを利用した学生支援の取り組みと現状」

学生の問題点や学生指導記録の情報を電子カルテとしてデータベース化し、そのカルテ情報を教員間で共有することで教育的指導を容易にしようという目的で「Kシステム」 を独自開発し運用しています。この電子カルテシステムを利用した全学的な学生指導の取り組みとその支援システムをご紹介いただきました。

  • 島川先生2)熊本高等専門学校 人間情報システム工学科
     島川学先生
     「ピアレビューによるソフトウェア実験レポートの学生相互評価の試み」

同僚が相互に評価・批評し合う手法はピアレビューと呼ばれ、学術論文の査読や、ソフトウエア開発の分野などでも利用されています。教育現場においてもグループ学習や協調学習などに適用された事例があります。学生が他の学生のレポートを査読、評価することによってプラスの効果が期待できることから、ソフトウエア実験レポートに学生相互評価を導入しました。ピアレビュー導入後に行った学生アンケートの結果を含め、WebClassを利用した学生相互評価の導入事例としてご紹介いただきました。

  • 金寺先生3)石川工業高等専門学校 電子情報工学科
     金寺登先生
     「eラーニング教材の集約と共同利用」

全国高専が協力しeラーニング教材を集約し共同利用するために開発された高専間教育素材共有システムをご紹介いただきました。また、高専IT教育コンソーシアムの各種教材や、石川高専における教育GP「学習達成度仕官による専門教育の質の保証」についてもご紹介いただきました。

  • 平さん4)株式会社ウェブクラス 代表取締役
     平治彦
     「eポートフォリオ機能のご紹介と開発状況」

現在開発をすすめているeポートフォリオ機能についての概要の紹介がありました。学生、教員それぞれの立場でどのように情報を登録、閲覧し管理できるのか、実際のデモ画面をみていただきながらの説明が行われました。

TOP