日本データパシフィック株式会社

日本データパシフィック株式会社

〒186-0002 東京都国立市東1ー4ー15国立KTビル
Tel.042-573-6721 Fax.042-573-6728

e-Learningシステム WebClass

日本データパシフィック株式会社 > WebClass TOP > ワークショップ > 2011年度 開催

2011年度 開催

WebClass eラーニングワークショップ
-eポートフォリオとWebClassの先進的利用とその取組み-

2011年度 開催
開催概要 発表内容

発表内容

  • 山下先生 1)一橋大学 大学院経済学研究科
     山下英俊先生
     「学部講義・ゼミにおけるWebClassの実践利用の取組み -資料配付、講義評価、
     出欠、レポート、試験、成績処理の全てをWebClassで完結させる-」

学部生向けの「経済学入門」、「資源経済学」、「ゼミ」等の講義では、資料配布だけでなく、講義評価・出欠・レポート・アンケート・試験・成績処理の全てを、WebClassで実施・管理されています。また、各機能を複合的に利用し、学生の理解度や興味、進度を把握しながら講義を進めていく手法を詳しく説明していただきました。

  • 寺西先生2)大阪経済大学 情報処理センター教育システム課
     寺西紀仁様
     「WebClassを活用した授業評価アンケートの実施事例」

学内の「授業評価アンケート」を紙媒体からWebClassでの実施へ切り替えたことで、経費・工数が大幅に軽減され、かつデータ活用の幅が広がったそうです。今後の改善課題は、「アンケートに回答しやすい仕組みづくり」と「アンケートで得た要望を改善につなげる仕組みづくり」であるとの報告をいただきました。

  • 川俣先生3)埼玉県立大学 保健医療福祉学部 作業療法学科
     川俣実先生
     「チームワークづくりとWebClassの活用 -インタープロフェッショナル演習を通して-」

インタープロフェッショナル演習では、看護学科、理学療法学科、作業療法学科、社会福祉学科、健康開発学科の全学生が、チーム毎に埼玉県内の病院や福祉施設など75施設で研修を行います。この演習の準備や情報共有のためにWebClassの会議室やメッセージ、テスト/アンケートを利用しており、その利用内容を具体的に説明いただきました。教員や施設ファシリテーターとのコミュニケーションツールとしてもWebClassが活用されています。

  • 末本先生4)大分大学 高等教育開発センター
     末本哲雄先生
     「eポートフォリオ・コンテナを用いた授業実践 -試行と失敗、システム利用時のヒント
     -」

WebClass eポートフォリオを「科学技術コミュニケーション入門」の授業で利用した際の実践例を報告いただきました。「評価・省察活動」を理解することの重要性や、相互評価する際の評価作法など、eポートフォリオ活動において学習観を伝え、学生をいかに動機づけるか等、指導方法を分かりやすく説明いただきました。

  • 森本先生5)東京学芸大学 情報処理センター
     森本康彦先生
     「学士力の育成を目指したeポートフォリオとLMSの融合利用による教育の質保証・質向
     上への挑戦 -eポートフォリオの実践利用と次世代型WebClassへの期待-」

eポートフォリオを活用した場合の学習と評価は、学生と教員にどのように作用するのか、また、eポートフォリオ活動を通して得られる学習効果や影響はどのようなものなのかを説明いただきました。WebClassの「eポートフォリオ・コンテナ」については、活用メリットと学習と評価の意味合いを説明いただきました。今後のWebClass eポートフォリオの目指すべき方向性と可能性についても、示唆していただきました。

TOP